しんめい幼稚園ホームページ:未就園児ご案内:保護者様からの声


印刷/文字サイズの変更はこちら→
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


a-head.gif

misyu.png

HOME > 未就園児ご案内:保護者様からの声

(保護者様からの声) 在園児保護者様・一般の方からのお手紙・Eメール

sot-008.jpg

楽しかった幼稚園時代のエピソードや卒園後のこと、今の幼稚園について
など、お手紙やメールより保護者様からの生の声をご紹介します。
どうぞご覧ください。

ーーーーー タブをクリックしますと開閉します ーーーーー

運動会の準備・進行・片付けなどをして下さった先生方・保護者の方々へ I さん(保護者様)からのお手紙(2013/11/20 追加)

 運動会で、子どもたちが力いっぱいできるように、準備・進行・片付けなどをしてくださったことに感謝します。

 先生方が子どもたちに教え、練習させてくださったことを始め、運動会に関わって下さった、大勢の大人たちの力があってこその運動会だったと思います。

 子どもたちの成長した姿が見られて、とてもいい運動会でした。
ありがとうございました。

"卒園式『再開催』に感動"(2012/4/4 追加)

120402.jpg
120404.jpg

(鈴木みゆき先生講演会)保護者様より(2011/10/29 追加)

 先日は、大変面白い講演会を企画して頂き、感謝申し上げます。
鈴木先生のユーモアのある講演、1時間があっという間でした。もっと沢山のお話、拝聴したかった程です。

 子どもにとって睡眠がいかに大切であるか、科学的根拠を基にわかりやすく説明して頂いたので、深く納得できました。
 寝かしつけから食事、他にも多々ありますが、変な言い方になりますが、子どもをしっかり管理しなければならない必然性を感じました。

 考えてみれば当たり前の事です。私の祖父母・祖先は偉い講師の方に言われるまでもなく当たり前に実行し、生きていました。
 私は親になってから、昔の人間は何と素晴らしい生活をしていたのか、思う時があります。電気もガスもスーパー無い時代。電気がないので早寝、必然的に早起き、有毒ガスも出ずゴミも出ない。昔の人達の方が、より人間らしい心を持ち、生きていたのではないかと思うのです。
 私達、今の親はそのような生活をするには限界があります。なので「子どもを管理する」等と不自然な言葉が出てきてしまうのでしょうか。
 今、このような時代だからこそ、親の私達は「何が必要なのか」しっかり見極める目、心を持っていないといけないのだと感じています。

 話がそれてしまいましたが、今回、参加出来なかった父母様、又、来年、再来年と新しくしんめい幼稚園に入って来られる父母様たちの為に、是非、再度講演会を実施していただきたいと思います。

 園長先生におかれましては、いつも子供たちの成長を熱心に考えて頂き、いつも感謝しております。今後共、宜しくお願い致します。

(鈴木みゆき先生講演会)保護者N様より(2011/10/29 追加)

鈴木みゆき先生の事は、以前に講演会に行った知人から「落語を聴いているようで楽しかった」ト言っていたので、機会があったら行きたいと思っていました。
 昨年、幕張の講演会に行き、うわさ通りとても楽しくわかり易く、子育てに役立つ情報でした。

 今回、卒園したお母様をお誘いして、再び講演会に行きました。
前回と話のエッセンスは多少違いがありましたが、改めて「早寝・早起き・朝ご飯」の大切さがわかりました。
何度聴いても、堅苦しい講演会ではなく、楽しい講演会でした。

 大変お忙しい鈴木みゆき先生の講演会、ありがとうございました。

Yくんの母より(2011/3/27 追加)

園長先生へ
3年間、息子がお世話になり、本当にありがとうございました。
恥ずかしながら、しんめい幼稚園のことは何も知らずに入園したのですが、園での様子を息子から聞いたり、園長先生のおたよりを読んだりするうちに、しんめいを選んで本当に良かったな、と思うようになりました。
園長先生の、子供に対する温かくて優しい目線が、お話やおたよりから伝わってきて、家での息子に対する自分の態度を反省することもありました。
入園するまでは、園長先生というのは、もっと子供と離れた位置にいらっしゃるものだと思っていましたが、本当に子供のことをよく見て下さっていると感じました。
おかげ様で、無事に卒園を迎えることができました。この3年間で、いろいろなことができるようになり、小学校に行くのを楽しみにしています。これも園長先生をはじめ、職員の方々が、温かく、そしてのびのびと保育してくださったおかげだと思います。
今後も、変わらぬご活躍をお祈りしています。

園長先生、大変な悲しみを経験されて、言葉も見つからず、何もできなかったのですが、どうかどうか、ご家族の皆様のためにもお体をご自愛なさって下さい。

入園式の日からずっと、ニコニコ笑顔の園長先生のイメージです。これからも優しい笑顔で園児たちを安心させてくださいね。
恥ずかしくて直接お話させていただいたことはあまりないのですが、図々しくもお手紙を書かせていただきました。

3年間、本当にありがとうございました。

Rちゃんの母より(2011/3/27 追加)

園長先生へ
Rの母です。長男も3年間、お世話になりました。
我が家は神明幼稚園が大好きです。卒園式も終えてしまい、さみしいです。
園長先生をはじめ、全ての先生方は子供たちのことをいつも考えてくれて、
温かいな…と感謝しています。
我が子らは、3年間で、たくさんの経験をさせて頂き、楽しい思い出になっていると思います。
げんき会や運動会には参加させてもらいますが、時々、遊びにも行かせて頂きます。
大変お世話になり、どうもありがとうございました。

(T様)からホームページ(園長の想い)を閲覧した感想(2010/11/4 追加)

今回の「達成感が我慢強さを作る」を拝見させていただきました。

マーチングでシンセサイザーを担当した女の子、
是非本番で見て見たかったです。

4.5歳のお子様が数十人で決まった動きをするマーチングのリズムをとり、
集団を動かして行くというのは、
実際に見てみないとにわかに信じがたい様なそんな凄さを感じます。

最近「残酷な世界を生きる為のたったひとつの方法」という
橘玲という方が書いた本を見ました。その本いわく、

遺伝子が子供の才能の50%を決め、残りの50%は他人との関わり合いの中で造られる

という事が書いてありました。
それは、他人との関わり合いや、集団生活の中での自分の役割を見出す事により、
自分と他人の違いを認識し自分の能力を見出していくという事だそうです。

マーチングや日々の保育から我慢を覚えさせる事で人間関係を構築する為の「コツ」を
教えていく。それはきっとお子様の将来に大きな財産になる大切な事のように感じました。

先生の教育方針が、ブログの内容の子供たちの様子から、きっと良い方向に作用している
事がひしひしと伝わってまいります。

一般の方(T様)からホームページ(園長の想い)を閲覧した感想(2010/10/3 追加)

園長 先生へ ブログの中の文章で、

「現場の教諭が 教材を考えるのではなく与えられた教材で指導することが多くなっています。要するに、教諭自身が「指示待ち」になっているのです。

という一文がございましたが、これはきっと園の中だけのお話ではなく、社会全体で、自ら何かを
作る文化が無くなってきてしまっている気がします。

先生の世代では、遊び道具なんかは自分で作って遊ぶ事が多かったと思いますが、僕らの時代には、
ゲームや、カードなど、とにかく売っているもの、造られたものが前提でした。

僕らとしては、欲しいものはお金で手に入れるものだと何の疑いも無く信じておりましたし、オリ
ジナルで何か作りたいなと考える前に、世の中には欲しいものが多すぎて、自分で作るという選択
肢は重要度が低い事の様に感じておりました。

でも、それは良く考えると、自分の欲しいものを自分で見つけているのではなくて、世の中にある、
お金で買えるものの中から、選ばされているのに近いのかも知れません。

本当に自分が欲しいものは、
もしかしたら自分で作らなければ手に入らないものなのかも知れません。


先生方が力を合わせて作った紙芝居。きっと子供達に読み聞かせるとき、先生の作った時の苦労や
喜びの感情が相まって、子供達の心を動かせる作品になるんじゃないかなと思います。

是非、僕もいつか見てみたいです。

Mちゃんの母様からの手紙(2010/9/24 追加)

おはようございます。
先週末、祖母から、孫が描いた「敬老の日」のハガキが、しんめい幼稚園を経由
して、届いたことを喜ぶ電話がありました。

宝物が1つ増えたこと、普段でも手紙をもらうことが少なくなりましたが、
こんなふうに手紙を出す幼稚園にとても感謝しています。
と祖母が言っていました。

言葉も大切ですが、手紙を見るだけでも心が伝わって癒される。とも言っていました。
87歳の曾祖母も、ひ孫からもらったハガキをお友達に見せて自慢しているそうです。

これからも、こんな心のこもったハガキを、送り続けて欲しいと思いました。
ありがとうございます。

在園児保護者 S様からのメール スナップスナップ写真について(2010/2/15 追加)

いつもお世話になっております。
今回、おもちつきとお正月遊びの写真掲載、嬉しく拝見致しました。
カメラと子供との距離も近く、写真の構図、色鮮やかさ、など、とても良かったと思います。
写真に自由なコメントを入れてもらえるのも、とても気に入っております。

園の先生方には、いつも子供たちのために色々と尽くしてくださいましてありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
長々と失礼いたしました。

在園児保護者 A様からのメール(2009/12/10 追加)

今日は参観と音楽会参加出来てよかったです すごくあったかい気持ちになりました
最後の園長先生のおことばは 涙が溢れてきて涙が止まりませんでした
やはり子どもの体を一番に考えて決断されたこと ありがたいです

やはり神明幼稚園は素晴らしいと改めて感じました。的確な判断をされたと思います

園長先生 、たくさんの先生達が一丸となった音楽会素晴らしかったです
神明幼稚園には 素晴らしい園長先生 素晴らしい先生がたくさんいます
普段の保育の中でも正面からむきあって全力で支えて導き成長させていただき
感謝しております

ありがとうございました。

T.Mさんの保護者様から(2009/11/30 追加)

こんにちは。寒さがだんだん身にしみるようになってきたこの頃ですが
皆様、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

さて貴園を卒園して早や4年。うちの息子は毎日しんめい幼稚園で作った
お茶碗でごはんを食べています。

野球をやっていて、監督からは "ごはんをたくさん食べるように" と言われています。
とうとう最近では、「エベレスト山」ができるようになりました。
「ごはんが多すぎるよ〜!」と文句を言いながら何とか食べている息子です。

毎日使っていてもびくともしないお茶碗に、しんめい幼稚園のことが、ふと懐かしく
思い出され、お葉書を差し上げた次第です。

今後も多くの子供たちの良き学び場であり続けますことを、心から祈念申し上げます。